COMMUNICATION DESIGN

by STUDIO NINÉ

​「本質」×「遊びゴコロ」

関係性を触発し、体験から経験になるデザインを

COMMUNICATION DESIGN

とは 何か ?

クライアントの提供しているサービスやモノと、そのユーザーとの「接点(タッチポイント)」において、「どのような関係性、コミュニケーションをとるのか」を考えのがコミュニケーションデザインです。

商品やブランドの世界観について明確にすることから始め、一貫した世界観のもと、それらを総合的な体験としてデザインを行っていきます。

COMMUNICATION DESIGN by NINÉ    VISION

多様性の時代に、コモディティ化しない唯一の価値を、

きちんと世に現して誠実なコミュニケーションを重ねることで、

ひとりひとりが競うことなく、表現しあえる豊かな世界を目指します。

COMMUNICATION DESIGN by NINÉ    特徴・強み

STUDIO NINÉのデザインの強みは

「本質」×「遊びゴコロ」

クライアントやブランドの持つ想いや理念といった「本質」を、

対話とワークショップを通し、

深め、明らかにしていくことから始めます。

そして、これらを具現化していくデザインの段階で

最も大事にしていることが「遊びゴコロ」です。

本質だけでは硬くなってしまう部分も、

あえてデザインする上で「遊びゴコロ」を加えることで、

よりユーザーに浸透し、さらなる関係性を触発し、

一過性の「体験」から長く愛される「経験」として

ユーザーと関わっていくことができる信じているからです。

STUDIO NINÉ  では、コミュニケーションデザインの中でも、

デザインのクリエイティブの視点から、

ブランドやサービスの世界観を「体験」できる形に打ち出し、

一過性の「体験」からファンにつながる「経験」となることにフォーカスし、

以下の​3つに特化したデザインを提供しています​。

BRAND DESIGN

接点(タッチポイント)全体を一貫した顧客体験とするために、クライアントとのヒアリングやワークショップを繰り返すことでコンセプトやデザインルールとなる「BRAND DESIGN BOOK」を作ります。これにより、接点全体を統括するためのブランドのコアやルールを作り、ユーザーが接点全体を通して感じること、体験に一貫性を持たせ、ブランドの世界観を作り上げていきます。

INTERIOR DESIGN

空間がユーザーに与える情報はノンバーバル(非言語)のコミュニケーションの中でもとりわけインパクトがあり強力なものです。ブランド全体が醸し出す世界観を、直接的に「体感」できる「空間作り」はブランドのマーケットにおける戦略やユーザーとの関わり方に大きく関わってきます。

​インテリアデザインでは、ブランドデザインで輪郭を整え、明確になったブランドのコアを、NINÉの持つクオリティの高いデザイン力により具現化していきます。

WORKSHOP DESIGN

ユーザーとブランドやサービスとの接点で行われていることは、静的な準備されたモノに止まりません。そこでは動的な関係性のやり取り、肌で感じる空気感、時間をかけて育むコミュニケーションが求められます。

STUDIO NINÉでは、ユーザーとの直接的な接点となる場でどのような関係性を構築するのか、ワークショップの技法を通して、顧客体験を生み出すための人の動きや仕組み、関係性をデザインします。

FLOW - プロジェクトの進め方

基本的なコミュニケーションデザインの進め方は以下のようになります。基本的には、以下の流れに沿ってプロジェクトを進めますが、クライアントやブランドの状況によって、それぞれの段階でクライアントにカスタマイズした、単独または組み合わせでのサービスを提供していきます。

​ヒアリング

クライアントのビジネスの状況を踏まえて、ヒアリングを行います。この段階では、プロジェクトの最終的なゴールの想定を行います。

ブランドデザイン

クライアント、関係者(マーケティング担当者、プロジェクト担当者、デザイナー)を含めたワークショップを繰り返し、ブランドの持つ本質とその核となる部分を言語化・視覚化し、「BRAND DESIGN BOOK」としてまとめていきます。この後の各コミュニケーションツールのデザインにおいては、この「BRAND DESIGN BOOK」を元にデザインを進めていきます。

​また、この段階では、コミュニケーションデザイナー、マーケティング担当者、ビジュアルデザイナーを含むチームでプロジェクトを進めることもあります。

コミュニケーションツールの

​デザイン

クライアントやブランドの状況により、どのコミュニケーションツールを活用するかを明らかにし、具体的なデザインに落とし込んでいきます。STUDIO NINÉでは、空間やインテリアのデザイン、SNSやワークショップなどのコミュニケーションデザインの他に、ビジュアルのデザインに関しても、専門のデザイナーと提携してデザインを進めていきます。

​また、デザインの各段階において、「BRAND DESIGN BOOK」のルールがクライアント社内に定着するシステムを提案します。

インナーブランドデザイン

​ブランドマネージメント

STUDIO NINÉでは、コミュニケーションデザインにおいて1回の体験が経験としてユーザーと継続的に繋がりを持つことを目指します。そのために、ツールのデザイン後も、その活用を行うためのワークショップやブランドマネージメントを引き続き行い、ブランドイメージの定着をサポートします。

STUDIO NINÉ © Copyright 2020, All Rights Reserved